読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

唐揚げの作り方 おすすめ

f:id:hamuru:20161018143313p:plain

今日は唐揚げについて書いてみたいと思います。

学生の頃は揚げ物をしたことがなく、敷居が正直高いと思っていましたが、実際揚げ物は慣れれば楽ですね。

特に唐揚げはとっても楽チンかつおいしいです。

 

市販の唐揚げ粉を買ってくれば間違いない味になりますし、自分で適当に酒・醤油・しょうが・にんにくあたりをブレンドして下味つけるのもおいしいです。

また、市販の、特に粉タイプのものであれば、揚げている間に衣の色が変わるため、揚がった頃合いの目安になり、初心者でも揚げやすいです。

 

下味をつける

では、市販の唐揚げ粉でなく、ブレンドするのも怖い…そんな時に何で下味をつけるのがおすすめかというと…

 

 これです!

「塩キャベツのたれ」

 

もちろん必ずしもこの商品というわけではありませんが、にんにくも入っているので、これ1本で本当においしくなります。

お好みの大きさに切った肉にこのタレをかけて揉み込むだけで下味OKです。

他にも「焼肉のたれ」や「ステーキのたれ」などもオススメですが、個人的にはにんにくやしょうがの風味がついたものがよりおいしいと感じます。

 

粉をまぶす

さて、下味が付いた段階で、次は粉になります。まぶした後はふったりボールにはたいて余計な粉を落としましょう。

粉もいろいろあります…でも基本は小麦粉です。

しかし小麦粉はべちゃべちゃになりやすいという点もあり、私のオススメは小麦粉と片栗粉のブレンドです。

半々くらいでいいと思います。

実際には日本唐揚げ協会でも、厳密には片栗粉で揚げたものを竜田揚げとしていますが、現状ではあまり区別はついていません。

なので胸を張って唐揚げだといえます。はい。

片栗粉を入れるとサクサク感が増します。

正直、竜田揚げのあのサクサクが好きという方はむしろ片栗粉100%でいいと思います。

 

ついに、揚げる

揚げる際の揚げ方は好き好きだと思います。

ある市販の唐揚げ粉の袋には「160度くらいで3分揚げる」なんてしっかり温度・時間を指定されていましたが、温度計を持っていない人も少なくないと思います。

私は最近温度計付きの鍋を買いましたが、納得がいかず結局体感で揚げています。

 

私の場合こんな感じです。

  1. 油を熱し始めて少し経ってから菜箸を油の中に入れる。
  2. 菜箸から小さい気泡がでてきているようだったらOK まだだったらもう少し後でまた菜箸を入れてみる
  3. 粉までつけた肉を投入する(この際入れすぎず、油の表面の半分程度に抑える)この時点で静かなしゅわーっという音がなります。もしもものすごい音がなるようでしたら油の温度高すぎだったということになります。
  4. だんだん音がうるさくなる
  5. 一番うるさい音を通り過ぎて音が少し高くなったら、見た目にも特に揚がってない様子がなければ油から取り出す

こんな感じです。

ちなみに最後取り出した後にはキッチンペーパーをしいたお皿か、油を切る網の上などに載せるといいです。

 

ちなみに…

片栗粉で揚げる際は難易度が上がります。

片栗粉の場合は揚がっても白っぽいままです。

 

そのためそのまま放置しすぎると、あれ、なんか黒いなあ、あ、焦げてる!

ということになります。

菜箸で触ったときの感触と、唐揚げを揚げる時間的感覚、音で感じるしかありません。

ここは経験ですね…。

 

 

ぜひ簡単においしい唐揚げを揚げていきましょう!!

あ、ちなみにお肉は必ずしも鶏もも肉の必要はありません。

鶏胸でもおいしいし、その他サメ肉でもトライしたことあります…。

なんでもおいしくなるのが唐揚げです…。