結婚式の料理

当ブログでは、基本的に節約志向の結婚式を想定しています。

お金がいくらでも使える方は適しません。

 

今回のまとめ

  • お花より料理
  • 料理にはフォアグラを

 

さっそくですが、

結婚式の料理は重要です。

一説によれば、「お花なんて誰も覚えてないけど、料理がおいしかったかまずかったかは覚えている」などと言われるくらい、印象に残るものになります。

しかし一人ひとりにかかるものなので、こだわればものすごい金額になってしまうのは確かです。

とはいえ、あまりにしょぼくて、しょぼいね、満足感もないね、となっては印象最悪です。

なのでお料理についてはこれだけ

「必ずフォアグラを入れる」

です。

 

後日談ではありますが、私の兄に「結婚式ってフォアグラを食べるところだろ?」と言われました。

幸いにも私の場合、粘って粘って最後の方にやはりフォアグラを入れよう…とメニューに入れました。

フォアグラでなくてもいいとは思いますが、メニュー映えするということ、料理の思い出を考えたときに「あの〇〇おいしかったね~」と印象に残るメニューにすることが重要だと思います。

 

私の考えでは、来ていただいた方々に唯一しっかりお返しができるのは料理だけだと思います。

お花がきれいなのはいいけれど、ただきれいなだけ。

もちろん引出物やプチギフトでこだわるのも一手あるかと思いますが、その日のうちのゲストの満足感は料理しか無いと思います。

 

なので絶対に、料理は真剣に、何度でも、省みて、考える余地があると思います。

ゲストのみなさんに感謝の気持ちを伝える重要なポジションに料理はいます。

 

再度まとめ

  • お花より料理
  • 料理にはフォアグラを