妊娠と悪阻と初めての海外旅行

※つわり描写で気持ち悪い描写があります。

※数ヶ月前に下書きした部分はほぼそのままにアップしました。

 今思うことと違うことも多々あります。

 後半に妊娠6ヶ月にして思うことも書いています。

 

妊娠判明

3月末、私はとても心躍らせていました。

 

なぜなら、4月に初めての海外旅行としてハワイに行くことになっていたからです。

 

ハワイではいろんなアクティビティも計画して、詰め込み過ぎではないかというくらいのプランを立てていました。

 

海に入ることも当然考えていたため、女性であれば当然考えるのが「生理がかぶりませんように!」ということです。

 

私は元から生理不順ということもあり、また、想像妊娠というべきか、妊娠した気になって妊娠検査薬を使って陰性が出ると途端に生理がきたりする人間です。

 

生理予定日は1週間近く過ぎていたので、いつも通りの気持ちで妊娠検査薬を使ったのが3月末でした。

そして、まさか想像じゃない妊娠をしていることがわかったのです。

 

ハワイに行く2週間前でした。

 

最初、産婦人科へ行くのはハワイから帰ってきてからでもいいか?と思ったのですが、事前にわかる異常があるのに調べずに行って向こうで取り返しのつかないことになるのでは??とも考え、急遽その日に病院に行きました。

残念ながらその日はまだ胎嚢(赤ちゃんの入る袋)も確認できず、また来週検査ということになりました。

申し込んでいたオプショナルツアーで妊婦は参加不可と書いてあるものをキャンセルするのも、その翌週の検査を終えてからにすることにしました。

 

翌週の検査では、無事胎嚢が確認できましたが、まだ赤ちゃんの姿は見えませんでしたので、心拍も確認できませんでした。

心拍確認できると流産の可能性がかなり下がるそうです。もちろん0ではない。

 

しかし、事前に夫と、医師に「ダメ」と言われなければ行くことにしよう、と決めていたので、ハワイには行くことにしました。

ちなみに医師の反応としては、まだ安定期ではないので勧められないとしか言えない、ぐらいでした。

ただし、妊婦は参加不可のアクティビティをすべてキャンセルしました。

また、妊娠初期の異常に対応しているAIU保険に加入しました。

 

 

出発前のつわり

 

その頃からつわりのような症状が見られました。

調べたところ、食べつわりのような症状でした。

胃が空っぽになると気持ち悪くなる、という感じでした。

しかし、食べていればいいので、その頃はまだ楽でした。

 

 

飛行機で気をつけたこと

 

初めての長時間フライトでもあったので、着圧靴下を履いて過ごしました。

時々トイレにも行く兼軽い屈伸もしました。

 

ハワイにて

 

ハワイは4泊6日でしたが、3日目までは好調でした。

ステーキうまい。

どうしてハワイで食べるステーキは日本で食べるステーキより肉が柔らかいんだろう?と思いながら、いっぱい食べました。

ハンバーガーもめちゃくちゃおいしかった。

本当においしいものいっぱい食べれて幸せでした。

ガーリックシュリンプもおいしかった!

 

4日目朝、ダイヤモンドヘッドハイキングの朝食付きツアーを申し込んでいました。

ただ、朝食を食べる前にハイキングするので、食べつわりだと思っていた私は何か口に入れなきゃと思い、プラリネマカダミアナッツを食べました。

ところが気持ち悪くなり…トイレでもどすことになりました。

また、ダイヤモンドヘッドも登頂は諦め、途中の展望台で休憩して帰りました。

帰り途中気持ち悪くなり、ダイヤモンドヘッドに吐きかけてきてしまいました…。ごめんなさい。

 

その後、ハウツリーラナイのエッグベネディクトの朝食が待っていたのですが、なんの拷問かと思いました。

でも一口食べたらおいしく、半分くらいは食べました。

が、そこでもトイレで吐いてきました。

そこのホテルのトイレがまた独特な香りで、非常に吐きやすい匂いでした。

 

確かその日はその後は吐かなかったはず。

 

問題は次の日、帰国日でした。

朝サンドイッチを食べるも全戻し。

空港までの道中にパイナップル味のハイチュウとすっぱい粉のついてるハリボを食べるも、空港トイレでさよなら。とてもカラフル。

 

飛行機の機内食、ひさびさの日本食が出たので食欲があがり、思いっきり食べてしまうも全戻し。

もう一度あった機内食の頃には食欲がなくなり、スープだけ飲むももどす。

日本についてからポンジュースなら飲める!と言って夫に買ってもらうも新幹線の中で全戻し…。

 

なんで生きてんのだろう。

 

そう感じました。

次の日から毎日何なら食べれるのか模索。

しかし、どうやら私は食べれるものがあるわけではなく、吐くときは吐くし、吐かないときは吐かないらしい。

 

帰国後初めての診察

 

前回から2週間経ったので、赤ちゃんの姿が見えるかも?!と期待を膨らませて行きました。

期待に応えて姿を見せてくれました!!

こんなにゲロゲロ吐いてても成長してるんだ…と思って、つわりが本格的に始まってから初めて本当に生きる希望が湧きました。

心拍もチカチカ点滅してて…。

ああ、つわりの甲斐あるよ…と。

 

妊娠6ヶ月の現在から振り返って

現在の状態としてはつわりもかなり落ち着き、食べ物を戻してしまうことはかなり減りました。

今になってハワイへの旅行のことを振り返ってみると、

行くべきではなかった

です。

妊娠がわかってすぐ、嬉しかったのは嬉しかったのですが、どこか現実のものと思えておらず、それより日に日に迫るハワイへ行く日の方がより楽しい現実のものと思っていたのかもしれません。

 

ハワイに行く前にいろいろ悩みましたが、ハワイに行く事を決断した時点でお腹にいる赤ちゃんのことを一番には考えていなかったとしか言えません。

本当に赤ちゃんのことを大切に思うなら、身体の負担になるような旅行などするべきではありませんでした。

また、旅行途中から吐きつわりが始まり、結果的にハワイの思い出はつわりの思い出に変わってしまいました。

正直しばらくハワイに関するものを目にしたり耳にするだけで少し気持ち悪くなってしまうほどでした。

今回たまたま何事もなく帰ってきて、今のところ無事に成長しているからいいものの、もし流産などの結果になってしまっていたら一生ハワイに行きたいとは思えないでしょう。

そして自分のためにハワイに行ったことを一生後悔したと思います。

 

もしも妊娠初期の方で海外旅行へ行く予定の方はいまいちど考えて見て欲しいです。

 

たべるマスクにはまり中

お久しぶりの投稿です。

最近、「たべるマスク」にハマっています。

 

 

 

 

店頭でこの目立つパッケージ、見たことがある方も多いのではないでしょうか?

お味のほどは…?

この商品の味はパッケージに書いてあるとおり、ヨーグルト風味です。

商品がまるでちょっとお薬みたいな雰囲気なので、薬っぽい味がするかもと身構えそうですが、そんな味は一切しません。

私はめちゃくちゃ好みの味でした。

 

シュワシュワする!

パッケージ裏面にちっちゃく「シュワシュワ」と書いてあるんですが、その通りシュワシュワします。

最初にある程度シュワシュワし、舐めてる間もわずかに感じられます。

これを一気に噛み砕くとものすごいシュワシュワするんですが、それがとっても好みです笑

 

マスクの効果は?

たべるマスクといえど、口を覆うものではないので、本来のウイルスの吸い込みを防ぐなどの効果はありません。

当然ながらチリや埃も吸い込めば吸い込みます。

能書きとしては腸内環境を整えることによって、免疫力が向上し、ウイルスと戦う力がつく、ということなんですね。

その成分である「シールド乳酸菌(森永乳業㈱の登録商標)」が3粒で100億個食べられるのがこのたべるマスクなんです。

シールド乳酸菌についての森永乳業㈱さんのページはこちらです。

www.morinagamilk.co.jp

なんと、マウスの実験でインフルエンザの感染症状が緩和されることがわかっているんですね!すごい!

 

今年度受験やら就活やら仕事やらで休めない人は試しておいてもいいかもしれません。

 

個人的には、普通に1袋200円程度と、まあちょっとするようなしないような値段ですが、味とシュワシュワ感が好みなので、これからも買いたいなあと思う商品です(もう3袋購入済み)。

 

年賀状を出しませんか??という話

もう11月です。

年末まであとすこしですね。

年末年始といえば、年賀状!

最近送ってないな…という方も「今年は」送ってみると楽しいかもしれません。

以前付き合いのあった人の近況を知ることができる、プチ同窓会みたいなものだと思います。

もちろんfacebookなどで近況を知っている場合もあるかもしれませんが、人によっては「facebookに投稿するのはちょっと…」と思って、投稿せず「実は…」なんてことが年賀状には出てきたりするので面白いです。

 

投函はお早めに!

年賀状の販売がもう始まっています!

年賀状を正確に届けるためには、12月25日までに投函しなければなりません。

そろそろ準備が必要です。

 

年賀はがきの購入

次第に年賀はがきを売っている所が増えていく頃です。

コンビニなんかでも売っています。

まだ見ていませんが、駅なんかでも販売を始めるので便利です。

寒くて外に出たくなくても大丈夫です。

送料無料で年賀はがきを購入することができます。

 

郵便局のサービスがすごい!はがきの購入からデザイン、etc

もちろん噂の年賀状のデザインして、印刷を郵便局でやってもらっちゃうのはありますが、自宅でデザインする用のフリーソフトをダウンロードできます!

他にも似顔絵作成ツールやはんこ判作成ツール、ワンピース年賀状メーカーなどなど、ウェブツール・サービスが揃いに揃っています!

見ているだけで使ってみたくなってしまいます。

ちょっといじってみて気に入ったデザインができたら送ることにしてみてもいいかもしれませんね。

yubin-nenga.jp

 

住所がわからなくても送れる!

数年前から出ていたサービスのような気もしますが、相手の住所がわからなくても送ることができます!

SNSやメアドで繋がっていれば、送ることができます。

素晴らしいですね。

 

年賀状を出しましょう!

ここまでしつこいと郵便局関係者かと思われるかもしれません。

関係ないです。

ないですが、小さい頃からお手紙を書くのが好きでした。

どうしてもメールという文明が発達してからも、あえて手紙を出すこともしばしば。

メールではわざわざ伝えるほどでもないことを手紙なら書けました。

ああ、この人も元気なんだな~なんてたまに年賀状をもらうと思えます。

facebooktwitterは複数の人の目があり、当たり障りないことしか書けないですが、手紙やはがきは、相手1人に対してのメッセージです。

毎年ではなくてもいい、たまに、でもそのたまにが面白いと思います。

 

今年はぜひ、年賀状を出しましょう!!

結婚式でラブライブ!の曲を使った事例

 

Love wing bell / Dancing stars on me!

結婚式のBGM選び…

これは実は相当大変です。

元から音楽が好きでどこにどういうBGMを使おうか考えるのが簡単な人ならともかく、そうでなければ「全部おまかせで」と言いたくなるものです。

もちろん、こだわりがなければ「全部おまかせで」も大丈夫です!

ただ好きなアーティストやらなんやらがいる場合は、ぜひとも使いたくなります。

 

そう、それがアニメ、それもラブライブ!だったとしても…。

 

というわけで、ラブライブ!が好きな私たちは使いたいと思っている曲がありました。

それはもちろん「Love wing bell

 

ずっと「これは結婚式につかう!」と言っていたので、迷う余地がありませんでした。

2期5話のあの話から凛ちゃん激推しになった私は天地がひっくり返ろうと使うつもりでした。

 

実際にラブライブ!の曲を結婚式に使ったという実例もネット上では見ることができましたが、さすがに検索してもあまり出てきませんでした。

しかし、これからは私達も実例です。ぜひ、使いたいけど使っていいのだろうかと悩んでいる方は使って頂きたいです。

 

ただし使い方は、残念ながらオフボです。

さすがに親族等もいるのでオフボにしましたが、分かる友達はわかって喜んでいました。。。

 

私の実例

挙式はオルガンでおまかせでしたので、披露宴で使用。

入場:Love wing bell(10秒のところで扉オープン)

乾杯:Hello, 星を数えて

ファーストバイトHappy maker!

迎賓4曲うち2曲を:As Time Goes By  ,  Days Have Passed By

μ'sの曲はすべてオフボです。

 

他にもいろいろ入れようとしたのですが、こちらでオフボの用意に間に合わなそうだったことや、オフボで手に入ると思っていたものが手に入らなかったりで、これだけです。

ただ絶対やりたかったLove wing bellで入場ができたので、思い残すことはないです!

特に両親から「あれアニメの曲でしょ」など言われなかったので、オフボであればアニメを知らない人からすればわからないでしょう。

 

注意した点

オフボにすること以外で注意した点は、「あまりにCMで流れていた覚えのある曲は使わない」です。

CMでよく流れていた曲はラブライブ!を知らない人には「なんか美少女系アニメ(ORゲーム)の曲」と覚えられている可能性があります…。

 

 

やってみたいけどやっていいのかわからない方、ぜひ悔いのないようやりましょう!

 

 

 

専業主フでいる理由

私は結婚かつ夫の勤務地が遠方に決定したことを機に、退職をしました。

元から仕事をすることが特に好きでもなく、きっかけがあればやめてもいいと思っているくらいでしたので、これ幸いに退職しました。

もちろん体面上「辞めたくはないけど、同居したいので」という形でしたが。実際通い妻制度も若干考えなくもなかったのですが、私には目標があったのであまり望ましくないと思っていました。

 

私の目標は、「30歳までに出産を終える」ことです。

人間は都合上若い頃のほうが妊娠に適しているというのは当然ありますが、私の父母を見てきて感じたことでもあります。

私の母は決して遅い出産ではなかったのですが、何人も長い期間産んだ結果、末弟は、母は40過ぎ・父50過ぎの子として生まれました。

周りの同級生のおじいちゃんおばあちゃんと同じ歳だったなんていう話しも弟から聞きます。

別にそれ自体が問題ではないのですが、お金の問題があります。

若い頃にお金がないのと、歳をとってからお金がないのでは事情が異なります。

よく「お金がないから結婚できない」「お金がないから子供作れない」なんて聞きますが、言い訳にしか聞こえません。

お金がなくたって式はできなくても婚姻関係を結ぶことはできます。

最低限の出産費用一時金は必要でも教育費は最悪どうにかなるはず。まだ若いから将来お金が手に入る見込みはあります。

でも出産は後回しにしてもいいことはありません。

妊娠可能性がそもそも下がるし、何かしら問題があって不妊治療をすることになったとしても若い方がより効果を得られます。

結婚・出産だけは後回しにしてはならないと思っています。何よりも。

 

もちろん違う考えを持つ方もいらっしゃるとは思いますが、私が後悔しない選択はなにより結婚。それから出産したい。

結果、とりあえず退職した私ですが、もともと住んでいた場所より地方に来ました。

正直最低賃金の差は事前に調査してはいたものの、がっかりです。

妊娠・出産を希望する私としては、あらためて正規職員となる希望はいまのところ持てていません。

仮りに採用してくれるところがあっても、すぐ妊娠して1年ぐらい勤めて産休に入ったりするのはメンタル的に無理そうだからです。

あと新しい仕事を始めるとストレスにより妊娠しづらくなるかも?という言い訳もあります。(新卒で仕事始めたばかりの頃は2週間に1回生理、つまり生理があけて1週間間があいてすぐ来て、とにかく最悪でした。)

 

大学時代の先輩で出産した方は産休をとっていましたが、いつから保育園に預けよう…と悩んでいました。

実際に産むと、かわいそうで預ける気がでない…けど早く復帰しないと居場所がなくなる…と悩んでいました。

産休をとったりしながら、仕事への復帰をめざすことができる世の中になっているとはいえ、どうしても心の決着がつかなかったりして難しそうでした。

 

ならパート・アルバイトすれば?と思われるかもしれませんが、あまりに低い最低賃金・車がないと2件くらいに絞られる候補に、夫が働きたければ働いてもいいししたくないならしなくてもいいと言ってくれている言葉に甘えて専業主婦のままいます。

ここでつい、「甘えて」という言葉を使ってしまいましたが、

 

専業主婦って甘えなの?

 

前置きが長く、今本題が出ました。

あくまで私個人の意見であれば、

働きたい人は働けばいいし、働きたくなくて働く必要に迫られていないならむしろ専業主婦をすべき

です。

 

近年女性の社会進出が叫ばれて、もう女性が働くのは当たり前になりました。

その一方で、働く女性が寿退社することに対して厳しい態度をとったり、働きながらの子育てに対して制度がいまいち整っていなかったり、社内セクハラ等ハラスメントがあったり、未だに問題だらけです。少しずつよくなったり、いい企業があったりもしますが。

しかし、こんなところに働きたくない女性(既婚)がしがみつく必要があるのでしょうか。

 

もちろん働きたければがんがん働いてもらっていいです。

働きたくない既婚女性(もちろんここでは金銭的に困っていない人)に無理して働いてもらって給料払うより、辞めたい人は辞めさせて、働きたい女性の待遇を手厚くしてくれればいいのに…。と思います。

働く必要なく働きたくない女性はがんがん家庭に入って夫の仕事能率を上げるための家庭を作り上げるという仕事をしてもらった方がいいと思います。

専業主婦は恥ずかしいとか、仕事をしていてこそ自立した人間になれる…とか、欧米では女性が活躍してどうこう…とか、無理に女性を社会に立たせる必要ってあるの?

と思います。

 

何度も言いますが、働きたくて働く人、仕事にやりがいがあって仕事も家庭も大事にしたい人に家庭も大事にしたいならやめろなんていいません。

おそらく働きたい人の方が働きたくない人より断然能率がいいはずです。

したいだけ仕事をしてもらっていいです。

 

 

ここまで女性のことでしたが、逆に男性も然りです。

働きたくなくて働く必要のない男性は働かなくていいと思います。

ただしこの場合、大金持ちの家系か、上記の働きたい女性と結婚しているか…ですが。

その働きたくない男性はもちろん代わりに専業主夫となって、家庭の仕事を行います。

奥さんが出産した後の奥さんのサポート、奥さんが社会復帰した後の子供の面倒はもちろん行う。

 

 

と、戯言を言ってみましたが、こんな世界は通用しないんでしょうね。

働きたい人と働きたくないけど家庭内の仕事をする人とのバランスがうまく保たれて…なんかこう、うまい感じにいかないんですかね。

 

結局これは働きたくない専業主婦の私がほざいているくだらない妄想なのでしょう。

でも、夢が「奥さん」とか言えなくなってしまった世界もつまらないなあと思います。